So-net無料ブログ作成
検索選択

眼精疲労対策 [サイト更新情報]

 基本、パソコンは休日に約2時間、子供が昼寝をしている隙を見計らって起動してはひたすら文字を打ち込んでいるのですが。
 少し前までは何ともなかったのに、このところ作業後の目の疲れが尋常じゃないです。ドライアイ気味なのも余計に目に負荷をかけているのかもしれません。
 これは何とかしたいと考えた末思い付いたのが、『ブルーライトカット眼鏡』という巷で噂の文明の利器でありました。
 待ちに待った土曜日、車を飛ばして山を越え、買ってまいりました。近所の眼鏡チェーン店でもその手の商品の取り扱いはあったのですが、安月給の身としましては少しでも安いものを!と思いまして。
 しかし…案の定子供がじっとしていられなかった。五秒に一回くらいの頻度で「林檎ジュース飲みたい!」砲をくらい続けたおかげでフレーム選びもままならず、料金体系がよく分からないままに「これ…これを!」と急ぎお会計に持って行ったものが、特殊レンズ代や加工賃等含めて締めて一万円(税抜き)…えっ、ホームページには三千円~って書かれてましたがあれは…!?と親切そうな店員さんに色々質問したかったのですが、脇では子供が林檎ジュース林檎ジュース連呼しているわけでして…
 …こうしてまた仕方なく買った商品が一つ増えるのでありました。
 一万円出して買った眼鏡。肝心の費用対効果はどうかといいますと、そこそこといったところだと思います。確かに、いつもはパソコンを終えるとしょぼしょぼしていたおめめが元気なままなのです。
 なので今回の出費は必要経費だったと見做すことにします…が、本当はしっかりじっくりフレーム選びができていれば、その半値くらいで買えたのではないかという無念が付きまとってなりません。
 一万円分…しっかりブルーライトをカットしまくってもらわねば、です。

 そんなわけで、ブルーライトを25%遮断しながら本編(11)を追加しました。
 全然更新しないブログですので、たまに投稿する時くらい長文をと思って頑張って書いてみたら、何か凄くどうでもいい話題に終始してしまいました。
 結局眼鏡買ったってだけの話でしょうが!と自分で突っ込んでおきます。

本編(10)を追加しました [サイト更新情報]

 『二か月に一回更新できたら…』とトップページで保険をかけているわりに、月一ペースで更新しているどころか今月は二回も更新できてしまいました。やった!
 私は社会人として会社勤めをしてはいますが、それが決して適職であるとは言えず(強調せずにはいられない心境)、創作遊びと子供とのじゃれ合いと月に一回近所の古民家カフェで過ごす時間、そしてたまの日帰り旅だけが本当に本当に人生の楽しみの全てとなっています。
 今の自分に、その質はどうあれ趣味と呼べるものがあって本当に幸せだと思います。それと同じくらい、職に就けていられるというのも幸せなことなのだと自覚しながら、年度末という色々厄介な時期を何とか乗り切っていかねば…です…

 ところで、ファンタジーというジャンルの小説を書いていると、横文字の名称を考えねばならない場面にたびたび遭遇します。
 しかし私はこれが滅法苦手なものでして…例えば脇役の名前をつける時や地名を考える時などは、かつて嗜んでいた吹奏楽の作曲家のお名前を拝借してみたり、片仮名の曲名をちょっと文字ってみたり、どうにもならない時は外国人名が紹介されているサイトに頼ってみたりして何とか凌いでいるという状況です。
 気付いておられる方がいらっしゃるかどうかは分かりませんが、昔、S○NY(伏せ字になっていない)から発売された某テレビゲームの登場キャラクターの名前をかなり多用させていただいております…。主人公に至っては、名前どころか大まかな容姿まで(作中でそれほど細かく描写はしていませんが)。
 すみません、大好きなのです。それが理由です。どうか見逃してやっていただければありがたく思います。

悲劇再び… [サイト更新情報]

 前回の記事でお伝えした、『文庫本のつもりで買ったのが届いてみれば単行本だった』という凡ミス…。
 単なる購入時の確認不足では終わらず、実は既に購入済みの本を再度注文してしまっていたということが、読書開始後数ページ目にして発覚しました。
 積ん読の達人(?)である某友人がよくこのような失敗談を聞かせてくれ、そのたびに自分とは無縁の話だなあと笑いながら呆れていたのですが…まさか同じ轍を踏んでしまうとは…
 …何だか年齢を感じます。忘れっぽくなったとかそういう話ではなく、はるか昔に買って読んだ本の存在が記憶の中から抜け落ちていたという衝撃。
 その本の内容があまり印象に残っていなかったというのもあるかもしれませんが、一応大好きな作家さんの本だったのになあ…しょぼん。

 そして更新のお知らせです。9ページ目?9話目?を追加しました。
 実は遅い冬休みのため、この土日を含めて4連休だったりしたのですが、「この休みのうちに完成させてしまいたい!」という欲が完全に仇となりました。
 更新分を後から読み返してみたところ、辻褄が合わない箇所はあるは日本語がおかしい部分はあるわ(大部分がそうかもしれないですが)、こんな粗削りな作品をよく堂々と晒してるな!?と頭をかきむしりたくなっております。
 取り急ぎ、明らかに不自然だった箇所だけは簡単に修正しておきました。時間が出来次第、追加で手直しするかもしれません。

本編(8)を追加しました [サイト更新情報]

 文庫のつもりでネットで購入した古本が、届いてみれば重くて分厚い単行本だったという今年最初の凡ミスに凹んでおります。
 前後の表紙だけでもうかなりの重量!これを外出先に持ち運ばなければならないという事実……でも大量のコピックを常時鞄の中に忍ばせていた学生時代の荒行に比べたら、こんなの可愛いものだとも思えます。
 コピック…高かったなぁ…一体あのペンにどれだけのお小遣いを注ぎ込んだことやら…

 相変わらず文章も展開も起伏に乏しい小説(と呼ぶのも恥ずかしい)を昨日更新しました。
 3歳の子供もだんだん知恵がついてきて、私がスマホでぽちぽち文字を打っていると、「何してるの~?」と無邪気な瞳で画面を覗き込んできます。まさか「ファンタジー小説を書いてるの~」と答えるわけにもいきませんので、子供がオタクという概念を認識するようになる前までには頑張って終わらせなければなと思います。

謹賀新年 [雑記]

 惰眠を貪り、お腹いっぱいお節を食べ、コーヒーチェーン店に出かけて美味しいコーヒーを飲んだ後は自宅で心行くまで創作三昧という贅沢な正月を迎えさせていただきました。今年一年分の幸福を甘受してしまった気分です。
 昨年は二年半ぶりの復職や身内の不幸など慌ただしい出来事が多かったため、今年は起伏の少ない安定した一年になることを望みます。「今年一年、特にこれといったこともなかったな~」なんて言いながら大晦日を迎えられることがこの上ない幸せなのだとここ数年で思い知らされましたので…
 どうか、何とぞ、健康第一で、平穏無事に一年間を過ごせますように。


◆自分へのご褒美

 ご褒美なんてたいそうなものを頂けるような働きはしていないのですが、三年ぶりに自分へのクリスマスプレゼントと称してスマホやタブレットと繋げられるワイヤレスキーボードを購入してしまいました。
 三千円代で買えるし、貯まっているポイントで更に千円ほど安くなるからまあいいかなと…。とにかくスマホの小さな画面でぽちぽちと文章を打つ煩わしさから解放されたかったのです。(サイトに掲載している展示物は、パソコンとスマホとほぼ半々の比で作成しています)
 何か想像していたよりは随分と大きなサイズのものが届いてしばし唖然としてしまいましたけれども、その分使い心地は快適です。そして未使用時には早速子供の玩具と成り下がっております。頼むから壊さないで!
 ちなみに子供は、サンタさんからムーミンの絵本を貰った模様。喜んで読んでいたのは一日だけで、今や書棚の肥やしです…