So-net無料ブログ作成

真の原因は [サイト更新情報]

 お財布を新調しました。
 鞄の総重量のうち三分の一くらいをこいつが占めているのではないかと思えて仕方がない、重い、分厚い財布を使っていたため、薄くて軽い財布が欲しいともう五年くらいずっと願っていたのです。
 当初の予定では汚くなるまで使い潰すつもりでいたのですが、転勤に伴う通勤時間の増大により「もう一秒でもこんな重さに耐えられない」という思いが日増しに強くなり、五年耐えたのだからもういいだろうと自分の中の何かからお許しが出たためいざ鞄屋へ。
 新しいお財布に中身を入れ替える前に、台所からキッチンスケールを持ち出し、今まで使っていた財布の重量を量ってみました。世間一般の平均値(?)と比較してどうなのかは分かりませんが、ジャスト400gでした。
 そして財布の中身を取り出し、カード類を少し減らした上で新しい財布に入れ替えてから、今度はその新しい財布の重量を計測。
 およそ300gでした。
 100gの差。実際手に持った時の感覚としては、旧財布も新財布も正直あまり大差がない……
 これは……と思い、再度財布の中身をすべて空にした上で、新旧の財布の重量を計測してみると、
【旧】→210g
【新】→160g
 結果、たった50gの差。ということはつまり、何だかもうよく分かりませんが、いつか何かの折に使うかもしれないと雑多にしまいまくっていたカード類が財布を重くしていたってこと?
 クレジットカードとか銀行のキャッシュカードなんて厚みがあるから重いですもんね。それらのカードだけでも私の場合は4枚(家族分も含め)。あとは総合病院の診察カードだとか、年に一回も使わないから常時ポイントが失効しているアパレルショップのポイントカードだとか、ここ数年ご無沙汰している美容院のメンバーズカードだとか……「財布を買い替えればすべて解決」とか安直に思い込んでいた自分の愚かしさに幻滅しております。
 あとは小銭の重さも馬鹿にできませんもんね……。『そもそも財布とは重いものなのだ』という真理を得た夏の日の午後でした。

 そういったわけで、この先ずっと重い鞄を担ぎながら通勤せねばならない絶望を引きずりながら本編(17)を更新です。通勤鞄をリュックにすれば、肩にかかる負担を減らせるかしらとか今度はそんなことを考えています。
 つい先週、「重いから」と通勤鞄も新調したばかりなのにね……

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。